絶景感のある写真を撮る方法

絶景っぽく撮る方法
きれいな河津桜の並木ではありますが、写真で見るとなんか違う…。
撮った時のテンションに反して絶景というほどではない。
こういうこと、よくあると思います。
ではどうすれば見たの印象に近づけることができるのか?

絶景っぽく撮る方法
その場でiPhoneのズームを二倍にして撮った写真がこちら。
人や地面など、余分な要素をできるだけ取り除いて、桜ができるだけたくさん入るようにしました。
自分の目で見ているときは無意識のうちに周辺の不要な風景をカットしているのですが、それと同じことをカメラで行うわけです。
右ななめ上から左ななめ下へと桜の木でラインを描くのを意識しているのもポイントです。
上半分がピンク、下半分が青というコントラストが強調されます。

絶景っぽく撮る方法
こちらも、河津桜がきれいではあるけれども普通の街角なiPhone写真。

絶景っぽく撮る方法
その場で二倍ズームにして、電柱や電線、手すりなど不要なものが極力入らないようにしたら街角感がなくなりました!

絶景っぽく撮る方法
Lightroom ccアプリで色調補正したら、もう立派な絶景!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る